経営理念

俺が 己が の”我”を捨てて、

 

おかげ お陰さま の”下”で生きよ。